STAFFBLOGスタッフブログ
BLOG

肉体労働の疲労回復方法

2020/10/15
肉体労働は体が資本。

現場での作業は、常に筋トレしているようなもの。

労働程度にもよりますが、アスリート並みに筋肉を動かしているなら食事、栄養、睡眠を十分に取らなけばいけません。

また、疲労をため込まないことも大切です。
疲労の種類には、肉体的な疲労や精神的な疲労、様々ですが今回は肉体的な疲労と回復についてまとめてみました。

▼そもそも筋肉疲労とはどういう状態?
筋肉疲労のメカニズムについてはまだ謎が多く、解明されていない部分があります。
「乳酸」という言葉を耳にした事があるでしょうか?
以前は、「乳酸」が蓄積することで筋肉疲労が起こると言われて言いましたが、ここ数年では、エネルギー源であるグリコーゲンの蓄えが少なくなることが関係していることが分かってきました。

▼筋肉痛とはどんな状態?
筋肉が収縮することで起こると言われています。

さっそく筋肉疲労を早く回復するための方法を紹介していきます。

▼朝食で糖質とタンパク質を摂る
・寝ている間は絶食状態になるため、肝臓のグリコーゲンとタンパク質の分解が進んでいます。
朝は、ごはんかパンから糖質を。
卵やお魚、お肉からタンパク質をとりましょう。
血糖値が気になるなら、玄米がオススメです。

▼現場では糖質を含んだドリンクを摂る
・体力を使う作業が続くようならエネルギー源となる糖質をとりましょう。
速攻に吸収されて筋肉で利用できる糖質を選ぶことが大事です。
マルトデキストリンやブドウ糖、果糖、ショ糖を混合したスポーツドリンクにするといいですよ。

▼間食するならプロテインバー
・お腹がすいたと感じた時には、肝臓のグリコーゲンとタンパク質の分解がはじまっています。
お腹がすくまえに、プロテインバーで糖質とタンパク質をとりましょう。

▼仕事終わりには
・過酷な労働の後にも、速やかに糖質とタンパク質をチャージする必要があります。
最近では、コンビニにも高タンパク飲料が置いてあります。手軽に糖質とタンパク質が取れるので便利ですよ。

さらには、夕食の栄養バランスも大事です。

また、ゆっくりお風呂に浸かること、良質な睡眠をとることでさらに疲労回復につながりますよ。